Audio rin

オーディオラックで一元管理

音楽好きな人にとって、それにまつわるものをどのように収納するかは大きな課題といえます。オーディオ機器は様々なものがあり、それが部屋のあちこちに置かれていては探し出すのも大変です。また、レコードやCDについてもまとめて収納しておかないと、必要なときに見つからなかったりして存分に音楽を楽しむことはできないですし、また、破損してしまう恐れもあるのです。そういったことを避けるために、きちんと一元管理するように心がけたいものです。その時に役に立つのがオーディオラックです。オーディオ機器を納めることができるように設計されているものなので、収納しやすくなります。関連する物はすべてそこに置くようにすれば、紛失することもなく、良い保存状態を保つことができるようになります。また、音質が良くなるというメリットもあるので、機器だけではなくラックについてもこだわりを持って選んでいくと、より良い音楽ライフを送ることができるようになります。

オーディオラックは自分のスタイルに合わせて選びましょう

オーディオを買い揃え、プレイヤーやアンプをどのように置いているでしょうか。ボックスや本棚などに単品で置かれているケースもあるでしょうが、オーディオ用のラックを使って並べると、省スペースに役立ち、インテリアとしても部屋の見た目がきれいです。このラック、取り扱っているメーカーは多く、その材質も木製・金属製に大きく分けられます。木製は自然な響きだと言われており、一般的には重さが決め手になっていますが、重さで機器の振動を抑えるのではなく、ラックの振動も音作りのひとつと捉えて作られたものもあります。また、木製でも固い木材を使用したものと柔らかい木材を使用したものとでは、聞こえてくる音はやはり違うのです。実際に製品を叩いて、その響きを参考にする方法もあります。また、金属製だからといって音の重心が軽くなるわけではないのです。自分が好きな音・聞きたい音と、部屋のスペースやインテリアに合わせて選ぶことがよいでしょう。

Valuable information

屋形船に乗る
http://www.nawayasu.com/
リネン生地を買う
http://www.cotton-chack.com/

Last update:2017/3/2

COPYRIGHT(C)Audio rinALL RIGHT RESERVED